インバスケット思考 詳細目次

◆序章 インバスケット思考とは


 インバスケットはシミュレーション・ゲームである
  火事場のバカカを発揮する方法
  正解は無数にある
 60 分で 20 案件を処理するには?
  時間を創出する「インバスケット」
  するべき仕事を確実にこなすには?
  案件処理の質を高める
  人の行動にはパターンがある
  インバスケット・トレーニング近道はない
 インバスケット・トレー二ングのルール
  回答の書き方について
 あなたがおかれている環境
  勤務先について
  あなた自身について

◆プ□□ーグ 「はじめまして、店長の青山みあです」



◆実践問題 みあの「はじめてのインバスケット」


 第1案件「急に行けなくなりました」
  [解説]リーダーがはじめにおこなうこととは?
  当事者意識
  組織活用力 ― 外部組織の活用
  内容把握力

 第2案件「お客様が喜ぶことをしただけなのに……」
  [解説]誰に向かって仕事をするのか
  顧客志向
  意思決定力 ― 信念にもとづいた意思表明
  統制力

 第3案件「え?あなたが店長……?」
  [解説]部下を活用しなければあなたはなにもできない
  人材活用力 ― 部下との接し方
  問題発見力 ― 問題点の抽出

 第4案件「ライバル店出現?」
  [解説]誰に伝えるべきか、情報共有の秘密
  情報活用力
  リスク察知力
 
 第5案件「不公平です!!」
  [解説]部下からの不平は問題解決の貴重な情報
  組織形成力 ― 組織運営の仕組みづくり
  問題発見力 ― 表面的な間題発見
 第6案件「重要?緊急?掃除道具の発注」
  [解説]優先順位のつけ方の秘密
  優先順位設定 ― 二つの軸
  
 第7案件「あの、実は……なんでもないです」
  [解説]リーダーは力ウンセラー
  対人関係能力 ― 部下の異変に気づく
  
 第8案件「どうなっているの? あなたのお店!!」
  [解説]お客さまの声と店の利益、どちらを優先するべきか
  問題発見カ ― あるべき姿からのギャップ
  能力の発揮度指導力 ― 叱る力
  意思決定力 ― 取捨選択
 
 第9案件「本社指定商品が売れない」
  [解説]本社方針と現場の声のコーディネート
  方針管理能力
  問題分析力 ― 仮説力
 
 第10案件「私、お休みいりません」
  [解説]労務管理・コンプライアンスとは
  コンプライアンス能力
  人事労務管理
  危機回避能力
  問題発見力 ― ムリ・ムラ・ムダ
  評価力
 
  第11案件「見ちゃいました。お店の商品を持って帰るの」
  [解説]不正行為・ルール違反の解決法
  リスク管理力
  対人関係能力 ― 気配り・配慮
  組織活用力 ― 第一報の重要性
 
 
 第12案件「私の場所よ!」
  [解説]縦割り組織の対立解決法
  交渉能力
  全体最適視点
  意思決定力 ― 意思決定を避けない
  調整能力 ― メンバーの対立
 
 第13案件「私に任せてください」
  [解説]仕事の任せ方と責任の取り方
  人材活用力 − 委任
  問題発見力 − 隠れた問題
  組織形成力 ― 支援体制づくり
 
 第14案件「すぐに報告せよ!!」
  [解説]数字のマジック。脅威の資料解析法
  情報分析力
  組織活用力 ― レポートライン
 
 第15案件「夜間工事します」
  [解説]関係者は誰か、根回しは障害を取り除く
  問題発見力 ― 問題意識
  調整能力 ― 根回し
 
 第16案件「娘を辞めさせます。だって経営不振でしょ」
  [解説]リーダーは会社の広報マン
  リーダーシップ
  コミュニケーション
  情報伝達能力 ― 会議体の活用
  スケジユーリング
 第17案件「予算がないから仕方ない」
  [解説]会社の予算より大事なものは何か。判断基準の明確化
  問題発見力 ― 立場によって異なる問題点
  優先順位設定 ― 重要度
  指導力 ― 適切な指導方法
  創造力
 
 第18案件「店長、トナカイはどうでしょう?」
  [解説]従業員のアイディアをどう活用するか
  情報活用力
  対策立案力 ― 対策立案のポイント
  組織形成力 ― 仕組みと風土づくり
 
 第19案件「早く引き取ってください」
  [解説]小さなことに起死回生策を見いだす
  人材活用力 ― 適任者決定
  洞察力
 
 第20案件「ケーキが……ケーキが……」
  [解説]予想外のトラブル対処法
  問題発見力 ― 細分化して考える
  対策立案力 ― リカバリー策
  課題形成力

◆エピ口ーグ


 ケーキのたま、その後

◆終章さらなる可能性を秘めたインバスケット


 インバスケットの活用法
 需要が伸びつづけるインバスケット
 個人の能力開発
 現職の管理者の再教育
 部署単位での職場訓練
 経営者の後継者教育
 新卒採用や中途採用者教育

◆おわりに「インバスケット思考は永遠の財産である」



本の紹介TOPに戻る



posted by 管理人 at 19:00 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インバスケット思考

■基本情報


 書名  究極の判断力を身につけるインバスケット思考
 著者  鳥原隆志
 ISBN  4872905245
 出版社 WAVE出版 (2011/6/1)

■紹介


「インバスケット」って聞いたことがありますか?

Wikipediaによると

★――――――――――――――――――――――――――
インバスケットとは、架空の人物になりきり、制限時間の中でより多くの案件を高い精度で正しく処理することを目標とするバーチャル・ビジネス・ゲームのことである。
インバスケット(未処理箱)に入っている案件を処理していくことが求められるゲームなので、「インバスケット」という名前がついたと言われている。
インバスケットのルーツは、1950年代にアメリカ空軍の教育機関で、訓練の結果測定のために開発されたものだと言われている。
その後、一流企業などで管理者、リーダーの教育ツールとして活用されるようになる。近年では、官公庁や中小企業でも、教育・研修ツールとしても使われている。  実施方式としては、条件・環境設定と案件が書かれた書類が受験者に渡され、受験者が制限時間内に案件処理を行う(処理の内容を回答用紙に書く)というものがほとんどである。
自由回答式が主流であり、絶対的な正解がないというのもインバスケットの特徴である。
絶対的な正解がなく、問題によって様々な要素を測定できる。また、繰り返すことで総合的なスキルアップが図れる等の理由から、有効かつ幅広い可能性を持ったトレーニングツールとして、各方面で活用されている。
――――――――――――――――――――――――――★


だそうです。

まぁ、要するに、ある立場になって、降り掛かってくる様々な問題を、いかに短時間に処理できるかを試験によって測定し、その判断の適切さと処理時間によって、マネージメント能力を図るというものです。

おもな対象はマネージャですが、マネージャ候補などに必須の受験科目にしている会社も少なからずあるようです。

やってみるとわかりますが、「実際にマネージャを相当経験していないとできないだろうな」と思える設問が多いです。逆に言えば、冷静なときであれば「マネージャ」と呼ばれる価値がある人ならできる可能性が高い、ということです。これをトレーニングしていれば、マネージャになる価値があると思えます。

■目次概要


第1案件「急に行けなくなりました」
第2案件「お客様が喜ぶことをしただけなのに……」
第3案件「え?あなたが店長……?」
第4案件「ライバル店出現?」
第5案件「不公平です!!」
第6案件「重要?緊急?掃除道具の発注」
第7案件「あの、実は……なんでもないです」
第8案件「どうなっているの? あなたのお店!!」
第9案件「本社指定商品が売れない」
第10案件「私、お休みいりません」
第11案件「見ちゃいました。お店の商品を持って帰るの」
第12案件「私の場所よ!」
第13案件「私に任せてください」
第14案件「すぐに報告せよ!!」
第15案件「夜間工事します」
第16案件「娘を辞めさせます。だって経営不振でしょ」
第17案件「予算がないから仕方ない」
第18案件「店長、トナカイはどうでしょう?」
第19案件「早く引き取ってください」
第20案件「ケーキが……ケーキが……」

■詳細リンク



 詳細要約  … Comming Soon
 詳細目次  … インバスケット思考 詳細目次


■この書籍に基づく仕事のヒント


 ●判断すること
 いわゆる開発業務や営業などをしていると、しょっちゅう迫られるのが、「判断する」という仕事です。ドラッガーの言葉を借りると、いわゆるこういった知的労働者は判断することが仕事らしい。
 続きを読む....

 ●インバスケットを学ぶ1
 先日、部下が昇進のための基礎能力試験を受けてきました。返ってくるなり「全然ダメでした〜」と。
 「どうダメだったの」と聞くと、「口外するなとは言われたんですけどね」と言いながら、しっかり口外してくれたので、私もちょっとばれない程度に公開しちゃうことにしました。
 続きを読む....


■書籍へのリンク


◆アマゾンで見る



究極の判断力を身につけるインバスケット思考


一瞬の判断力があなたを変えるインバスケット思考2~中級編~

◆楽天で見る







◆その他Webリンク


 ★インバスケット思考法 - Naverまとめ
 
 ★インバスケット思考 −停滞職場の生産性を上げる:PRESIDENT
 
 ★インバスケット - Wikipedia
 
 ★インバスケット思考シリーズ公式サイト - トップページ
 

■著者紹介


株式会社インバスケット研究所 代表取締役
インバスケット・コンサルタント
1972年生まれ。大手流通業にて精肉や家具、ワインなどさまざまな販売部門を経験し、
スーパーバイザー(店舗指導員)として店舗指導や問題解決業務に従事する。
昇進試験時にインバスケットに出合い、研究とトレーニングを開始する。
その経験と問題解決スキルを活かし、株式会社インバスケット研究所を設立。
これまでに作成したインバスケット問題はゆうに腰の高さを超える。
法人向けのインバスケット教材開発と導入をサポートする、
日本で唯一のインバスケット・コンサルタントとして活動中。
個人向けにもカウンセリングサービスをおこなっている。
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。