会社で生きることを決めた君へ

■基本情報


 書名  会社で生きることを決めた君へ
 著者  佐々木常夫
 出版社: PHP研究所 (2013/9/19)
 ISBN-10: 4569815014
 ISBN-13: 978-4569815015
 発売日: 2013/9/19


■紹介


結構有名になった本なのでご存じの方も多いかとおもいます。
サラリーマンのためのおすすめのビジネス書を紹介するなら、この本は外せない。

サラリーマンだけでなくすべてのビジネスマンに通じる仕事への取り組み方だったように感じます。

これを読み返すと、ちょっとだけ背筋が伸びるような気がします。


■目次概要

    詳細目次はこちら

第1章 会社で生きる君へ
第2章 仕事のプロになる
第3章 信頼される上司であるために
第4章 強いチームをつくる
第5章 自分を高める


■詳細要約リンク


   ◆はじめに
   ◆サラリーマンとして
   ◆部下として
   ◆上司として
   ◆強いチームを作る
   ◆言葉を磨く
   ◆意識を高める


■この書籍に基づく仕事のヒント


   まだありません。

■書籍へのリンク



◆アマゾンで見る



会社で生きることを決めた君へ (PHPビジネス新書)


◆楽天で見る


会社で生きることを決めた君へ

会社で生きることを決めた君へ
著者:佐々木常夫
価格:840円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る




■関連Webページ


 ★PHP研究所会社で生きることを決めた君へ
思いも寄らない人事異動、不満ばかりが募る評価、疑問に苛まれる経営方針……。 組織で働くということは、あらゆる困難と様々な制約を引き受け、乗り越えていくこと。人は不条理で強くなるのです。そして40代までの葛藤があるからこそ………

 ★会社で生きることを決めた君へ …Googleブックス

 ★会社で生きることを決めた君へ: サラヒン 〜 サラリーマンの仕事のヒント

 ★[図解]人を動かすリーダーに大切な40の習慣

 ★これからのリーダーに贈る17の言葉

 ★プロフェッショナルサラリーマン ― 「リストラ予備軍」から「最年少役員」に這い上がった男の仕事術

 ★いわゆる「当たり前の幸せ」を愚直に追い求めてしまうと、30歳サラリーマンは、年収1000万円でも破産します。

 ★サラリーマン金太郎 第1巻


■著者紹介

佐々木/常夫
11944年秋田市生まれ。6歳で父を亡くし、4人兄弟の次男として母の手ひとつで育つ。
1969年東大経済学部卒業、同年東レ入社。自閉症の長男と肝臓病とうつ病を患う妻の世話に忙殺される。会社では大阪・東京と6度の転勤、破綻会社の再建やさまざまな事業改革など多忙を極めそれに対して全力で取り組む。
その実績が認められ、2001年、東レ同期トップで取締役となり、2003年より東レ経営研究所社長となる。
何度かの事業改革の実行や3代の社長に仕えた経験から、独特の経営観をもち、経営のあり方、ワークライフバランス、ダイバーシティ、リーダーシップなどの講演が多い。


posted by 管理人 at 14:39 | Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。