会社で生きることを決めた君へ 詳細要約【はじめに】

■はじめに
20代から30台のビジネスマンとしての経験を活かして、40代は大きく成長する時期に当たる。そして50代で大きく勝負をつける。それがビジネスマンの成長のストーリである。

よく言われるのは35歳位で成長が止まり、そこからは、それまでに生きた経験をうまく使って60歳のゴールを迎えるものだと思っていた

しかし、自分が20代で思い描いていたのとは少し違った。

40代で課長になれなかった、上司から認められなかったからと言って諦めるのは早過ぎる。50代が勝負なのである。

実際に40代になってもやっぱり成長を感じることはできた。いま50代になってさらに成長を感じることができる。つまり人間は何歳になっても、それまでの経験を活かしながら新たな知識を吸収し、成長をすることができるものなのだ。

会社人生か家庭人生かのように二者択一ではない。会社での人生を充実したものにしたかったら家庭での人生を充実させることだ。

あなたが将来に不安を感じているのであれば、それは感じる必要のないものだ。

イギリスの首相を務めたウインストン・チャーチルは、「悲観主義者はいかなる好機の中にも困難を見つけるが、楽観主義者はいかなる困難の中にも好機を見いだす」という言葉を残した。

結局のところ、将来を悲観的に捉えるか楽観的に捉えるかは自分次第である。将来を悲観的に捉えたところで、何も始まらないし、どうにもならない。それなら楽観的に捉えたほうが生きやすいということである。

私は、「運命を引き受けて、その中でがんばる」という言葉が好き。私たちは生まれる時代や国や家庭を自分で選ぶことはできません。大金持ちの家の子どもに生まれる可能性もあれば、きれいな水を飲むことさえままならないアフリカの最貧国の貧しい家の子どもに生まれる可能性もある。なので私たちは、自分が置かれた状況を所与の条件として引き受けながら、その中でがんばるしかない。







posted by 管理人 at 14:46 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。